インフォメーション

TOP > インフォメーション > 整体院と接骨院の違い 整体資格の資格習得は通信教育・通信講座の健友館

整体院と接骨院の違い 整体資格の資格習得は通信教育・通信講座の健友館

2019.02.09

『整体院』と『接骨院』の大きな違いは施術者が国家資格か民間資格か施術を行った際に保険の適用が受けられるか受けられないかという2点が大きな違いになります。

 

 

 

 

接骨院は『柔道整復師』という資格をもった施術者が施術を行います。1936年(昭和11年)から健康保険の給付が開始されています。保険が適用される症状は、外傷性の骨折、脱臼、打撲、肉離れ、捻挫のうち、急性の疾病に限られます。慢性的な肩こり、腰痛、手足のしびれという症状に関しては健康保険適用外となります。

 

 


整体院は民間資格で資格制度のない医業類似行為として認められています。しっかりとした技術を身に付けていれば誰にでもなることはできます。人の健康を預かる仕事なので甘く考えてはいけません。あはき法、薬機法、柔道整復師法の法律に遵守する必要があります。

 

 

 

整体の学校・養成所・スクールは全国に多数あり、技術レベルも様々です。学校・養成所・スクールを選びの際は、しっかりとした見極めが必要になります。受講料が安かろう悪かろうではダメですし、理論ばかりの机上の空論でもダメです。

 

 

 

現に整体院には、保険適用の病院、接骨院に通っても症状が改善しなかったと言って来院される患者さんが多いのが現状です。保険では適応できない部分を整体院で補っていければと考えております。

 

 

 

 

健友館養成講座では現在整体師を目指している方、整体師に興味のある方、独立・開業に興味のある方を募集中です。
詳しくは資料請求からお気軽にご応募下さい。

 

資料請求

整体学校(スクール)で資格習得は通信教育・通信講座の健友館

学びたいことが、学びたいだけ学べます。
自分の生活に、無理なく組み込むことができます。

健友館なら目的やご予算に合わせて必要なレッスンを選び、
予定に合わせて受講することができます。
プライベートな時間を重視しつつ、思い通りに無理なく
組み立て整体師の道を丁寧にご指導いたします。